読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人こそ遊ぼう!六花凜.com

うたをうたって死ぬまで楽しく生きようという魂胆で日々楽しくやっている旅人です。このブログのテーマは「大人こそ遊ぼう」です。正直不安ですが、大人が遊んだらとんでもないことになるんだ。

何でもありってことは、何でもありってことなんだよ。

エッセイ

f:id:subeteumai:20170119012416j:plain

 

 

いきなりなんなんだ、とまぁそんなに怒らないで。

この写真はね、バシャールっていう宇宙人が何らかの意図を持ってかぶったお面だよ。

私、このお面が欲しいんだ。

 

 

 

バシャールっていう存在を知ってから、この世界は幻想なのだと言われてから、宇宙は拡大するしかないと、人は成長しかできないのだと知ってから、もう何でもありなんじゃないかと思ったのです。

 

それまでとても卑屈に生きてきた私。

それは両親の行き方をそっくり真似たようでした。

はじめにその世界観をぶち壊してくれたのが、ロックでした。メタルでした。そして宇宙人でした。

 

幼心に、何でもありなX JAPANがかっこよかったし、未だにその頃の気持ちは持ち続けています。

私は、毎日ゾンビのように生きている人を蘇らせたい。

私がロックに目覚めた時のように、自分を取り戻して欲しいのです。

 

だから真剣にふざけます。

こんなんでいいの?って言わせたいのです。

もう立派な大人だけど、未だに実家で親のすねをかじって生きています。

別に親が生きていれば経済的自立なんてできなくていいのです。

ただ精神的自立をして欲しい。

だからふざけます。

そして真剣に夢を追いかけています。

しかもその夢は、旅人です。

 

笑ってください。

バカにしてください。

そして、ホッとしてください。

こんなアホがいるなら、自分はまだ大丈夫、そう思ってください。

 

ただし、自分の頭で考えて、自分の心を大事にして、自分の考えを述べてください。

それはあなたの人生でしなければならないことです。

大学を卒業することでも、子供を産むことでも、ボランティアをすることでもない。

毎朝6時に起きることでも、朝ごはんを必ず食べることでも、笑顔で挨拶することでもない。

あなたがしなければならないのは、自分を生きるということです。

 

私はとことん自分を生きて、何でもありな世界にしてやろうと思います。

何でもありっていうのは、文字通り何でもありってこと。

何だっていいのです。

ただ、自分を生きているのなら、何だって許されるのです。

そんな世界に生まれてきたんです。

 

みんなが自分の奴隷になったら、この世界から奴隷は消えるでしょう。

みんなが自分のために生きたら、愛を乞う人はいなくなるでしょう。

みんなが自己中心的に生きたら、この世界から国境がなくなるでしょう。

 

 

 

自分を生きてしまえば、すべてが丸になる。

すべてが丸く収まるのです。