読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人こそ遊ぼう!六花凜.com

うたをうたって死ぬまで楽しく生きようという魂胆で日々楽しくやっている旅人です。このブログのテーマは「大人こそ遊ぼう」です。正直不安ですが、大人が遊んだらとんでもないことになるんだ。

Who's RIN

ABOUT ME

今日からここでブログ開始しますRINです。

 

f:id:subeteumai:20160817181615j:plain(RINのイメージイラスト)

 

 

自分と言う暴れ馬を乗りこなしてこそ、人生は輝くと思いませんか?あなたが我慢して、だれか喜ぶ人がいるとしたらそれはデビルに間違いありません。自分の願望実現のために生きています。

 

 

◇RINのマイルールが自己中すぎる

 

私には、自然とマイルールがあります。それはもう本当にナチュラルにできあがってきたものです。誰の指図も受けていません。それだけ自然にできあがったので、マイルールなんだと気付くまでに何十年もかかってしまいました。いくら流行ろうがもてはやされようが取り入れない自己中心的な視点は、自分というものを作り上げるのに必須科目なのです。

 

マイルールその1、ボーダーは着ない

ボーダーと言うと、幼少期に目がしょぼしょぼするほど探しました。そう、あのウォーリーです。あんなごぼう野郎をどうして血眼になって探していたのか、今では謎でありますが、ボーダーがおしゃれだと思ったことがありません。ストライプは着ます。しかし世間の風潮としては、ボーダーを着ていれば間違いないというか、カンタンにおしゃれに見えるアイテムとして人気らしいですね。(ローラがマツコの番組で言ってました)私はそれさえも知りませんでした。It's my world.これこそ自分の世界で生きている人間の特徴でしょう。「世間はどうみているか」ということに無頓着すぎます。

 

マイルールその2、デニムは履かない

これはもう仕方がありません。成長期などとっくに過ぎ、バスケ部で身体能力は素晴らしく良く、健全な思春期を過ごしていれば身長165センチくらいにはなったはずの私の身長は現在156センチ。タバコにアルコールに何らかのあぶないものをたしなんでいた思春期、女性としての美しさと引き換えにfeel goodな毎日を過ごしていました。これから背が縮まないことを願うばかりです。

 

マイルールその3、ファンデーションは使わない

思春期にあれだけ荒れた生活をしていたのにも関わらず、なぜか肌がきれいなのです。アラサーだというのにファンデーションの必要性を感じさせないMy skin.その秘密は母の作る美容料理にありました。美容料理と言っても、ごはんにお味噌汁にお漬け物・・・とても美食とは言えない食事でしたが、私の体にはそれが合っているようでした。酵素やネバネバ、食べる美容液のお味噌汁は毎朝飲みますので、きれいにならない方がおかしいのです。冷凍食品やスナック菓子とはあまり縁がありませんでした。と言うわけで母に感謝です。

 

マイルールその4、髪は染めない

昔は自分で染めていたりしました。何度もブリーチしてうんこ色に染めて、黒い髪が栄えてくるとそれを呪っていました。10代の頃は美意識がおかしかったのです。しかし今は、この黒髪がいかに美しいのか、身をもって知りました。(エピソードは特にありません)今はえせ椿オイルで(後日記事にしますね)髪を大事にケアし、頭皮マッサージにブラッシングをこれでもかとし、髪に関してはナチュラルを保つことに決めました。でも本当は赤い髪が生えてくればいいなと思っています。

 

マイルールその5、流行なんてくそくらえ、私が流行を生み出すのだ

昔、アパレル店員をしていたときに思い知らされたことがあります。私が仕入れる洋服が、片っ端から売れないのです。どうしてなんだろうと考えました。私はファッション雑誌を買いませんし、街ゆく女性のトレンドを意識したこともありません。あまりにも同じような女性が溢れてきて、あぁ今はこういうのが人気なのかと知るくらいです。美容室で見る雑誌はどれもこれもダサくて、こんなにもハイセンスな私が仕入れたお洋服が売れ残っていく。何が原因なのだろうかと考えました。原因は明白でした。それでも私は私を曲げませんでした。誰一人、私のセンスを認めなくても、私が好きだと思えればいい。そして私は退社しました。

 

 

 

◇美意識は己の中に眠っている。

忘れないでほしい。法律のような絶対的な美など存在しないことを。なにかに飲まれて自分を見失っている人が多すぎる。特に日本人はその傾向が強い。誰かが考え出した美しさに近づくことよりも、自分が自分として思いっきり輝くことの方が、強い美を生み出すのだと思う。目標は、自分自身になること。GUCCIの2016秋冬かわいいですよね

 

 

f:id:subeteumai:20160817184336j:plainf:id:subeteumai:20160817184337j:plain