読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人こそ遊ぼう!六花凜.com

うたをうたって死ぬまで楽しく生きようという魂胆で日々楽しくやっている旅人です。このブログのテーマは「大人こそ遊ぼう」です。正直不安ですが、大人が遊んだらとんでもないことになるんだ。

毎日着るものが自分を作る

想像してみましょう。毎日違うグッチのバッグを持って、ルブタンの靴を履いていたら今よりもっといい匂いのする女になれそうな気がしませんか?背も伸びそうな気がしませんか?

逆に毎日ガチョウパンツ(わざとだよ)のような動きやすいズボンを履いて、ぺたんこな靴におばあちゃんがあり合わせの布で作ったようなバッグを持っていたら、田んぼが似合う人になりそうじゃありませんか?腰が曲がりそうな気がしませんか?(批判じゃないよ)

 

あなたは毎日何を着たいのか

年収、体型、年齢、顔の良し悪し、住んでいる場所、田舎だとかなんだとか、そんなものは全部トイレに流して考えましょう。便座に座ったままでもいいです。あまり長時間座っていると痔になりますので気をつけてください。似合うとか似合わないとかもどうでもいいのです。さて、あなたは毎日何を着て過ごしたいですか。ロリータファッションですか。全身ハイブランドですか。原宿系ですか。それとも男服ですか。

 

外に着ていけないなら部屋で着る

仕事から帰って、自分の着たい服を着る。それを一週間続けてみれば体が慣れます。1ヶ月続ければその格好のまま外に出られるようになります。それが「毎日着るものが自分を作る」なのです。

 

f:id:subeteumai:20160925183708p:plainf:id:subeteumai:20160925183709p:plain

 

私は今こんな服装がしたいなー。全身グッチです。この前からグッチグッチうるさくてごめんなさい。でも本当に可愛い、かわいいよぉーーーーー

 

こんな風になりたい、その人は何を着ているのか

着たいものがわからない人は、こんな風に考えてみるのもいいですね。自分の好きなモデルさんだったり、周りの人を観察してみると見えてきます。人生を変えたい時に、内面、心から変えるのって見えないから難しいって感じる人もいるのです。例えばもっと明るく社交的になりたいのに内気だから無理だとか。頑張ってみるけどやっぱり変な反応されて落ち込んだとか。そういう人に限って黒とかグレーばっかり着てるんです。人は水のようなもので、型にはめるとその形になってくれます。言い方が嫌かもしれませんが、明るい服を着た内向的な人って、あまり見たことがありません。

 

自分を変える必要なんかない

どう思いますか?頑張って人に話しかければ対人恐怖症は治ると思いますか?私は、自分を変える必要なんかどこにもないと思います。薬で治療されそうな人にもそう言いたいです。それがあなたなんです。駄目というレッテルを貼っているのは紛れもない自分自身だけで、他人はそこまで深く考えていません。

裸にさせた自分をまじまじと観察して、この人には何を着せたら輝くのか、人形に服を着せるような目線で選びます。何にも分かっていなかった自分の、新しい魅力が発見できるかもしれません。たかが洋服ですが、この世界は物質世界。洋服のパワーはすごいですよ。

セミナーや自己啓発に疲れたら、自分の好きな色を服に取り入れてみてください。ちょっとずつでいいんです。劇的に何かが変化するわけじゃないですが、食べ物で言ったらオーガニックフルーツのような感じで心に栄養が与えられると思うんです。

 

 

終わってる女が多い

f:id:subeteumai:20160925185305p:plain

 

私はね、今はやりの#ユニ女とかあーゆう無難なコーディネートが大嫌いなんです。好きでやってるならいいんだけど、安いからとか、シンプルなら誰にも文句言われないからとか、無難なのは男ウケいいからとか、そういう気持ちの人が多いように見える。高いバッグとか持ってると高い女だと思われてモテないからあえてしまむらとか、ハァ?って感じ。そんな値段気にする男にモテて嬉しいんですか。キューレーションメディアの見過ぎじゃない?それに自分を安く見過ぎだよねぇ。もっと自分の可能性を見て欲しいなぁ。だったらまだハイブランドで固めてる人の方がマシだよ。自分はこの程度って値段つけてナメてると痛い目にあうよ。それは同時に、支払い能力のない男が自分には合ってますって言ってるようなものだから、失礼ですよ。

あなたは何を着たいのか。ジャスコじゃなくて伊勢丹とか行って、お腹の声を聞いてあげてくださいね。