読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人こそ遊ぼう!六花凜.com

うたをうたって死ぬまで楽しく生きようという魂胆で日々楽しくやっている旅人です。このブログのテーマは「大人こそ遊ぼう」です。正直不安ですが、大人が遊んだらとんでもないことになるんだ。

あなたは試されている

新しいことをはじめて間もない時や、チャレンジしてみたいことが見つかった時など、本当にできるのか?という疑問とともに恐怖も生まれてきます。でもね、これは誰でも感じているんです。誰でもです。なんで恐怖が生まれるんでしょうね?そんな感情なければワクワクしたまま前に進めるのに。

 

f:id:subeteumai:20160926185812j:plain

親が結婚を反対するのはなぜ

本当は祝福してあげたいけれど、一度反対する。そうすることによって我が子がどれだけ覚悟を決めているのか、本気でパートナーシップを築いていこうとしているのかが分かるのだそうです。もし自分の中に迷いがあるのなら一度ふみとどまりますし、覚悟があるのなら親がなんと言おうと結婚します。一種の「試してる」やつですね。本当に反対している場合もありますし、どんな相手だろうととりあえず反対する親もいるそうです。要は親なんて関係ない、自分の意思が全てだということですね。

 

あなたは神に試されている

結婚を例に出しましたが、全てにおいて恐怖というのはその先に進むのか進まないのかを試している感情だと言えます。そう考えると逆にワクワクしてきませんか?これは人が限られてきそうですね。私は根っからの反骨精神があるので、怖くて思いとどまりそうになっても、「私は今試されている」と考えただけでゾクゾクしてきます(笑)人間に試されるのは絶対やだけどね

 

やりたいこと=怖いこと

人はスリルが好きです。私はジェットコースターには乗れませんが、クマと戦ってきたような男が乗れなくて、ハエも殺せないような女の子が平気な顔して乗るでしょう?あれ、なんでなんですかね?

多分、女の子の方が肝が座っているんでしょうね。別に死んだって大丈夫、っていうのを深いところで知っているんじゃないでしょうか?

 

怖いまま「大丈夫なんだ」を知っていく

回り道したっていいんですが、怖いまますり足でもいいからちょっとずつ進む事です。1ミリでも進んで、あれ大丈夫だ。1センチ進んで、なんか大丈夫っぽい。1メートル進んで、平気かも。1キロ進んで、イケるやん(笑)

そのうち何も守るものがなくなって、結局何したって大丈夫な事を悟るはず。怖いを握りしめたまま進む事で、自信にもなります。

 

あなたは試されている。さぁ、進みますか?それとも撤退しますか?