毎日がハプニング!Lily.com

シンガー、ブロガー、ファッショニスタのリリーによるクレイジーな日常

自分が生きていく場所 2

と言うわけで

 

 

 

前回のブログに引き続き、私が社会人を辞める経緯を話していきます。

 

今働いているジャズクラブを辞めるという話をオーナーにしました。

私はもう毎日同じ時間に同じ場所に行く事ができません。人の言うことも聞きたくないし、普通の人は普通にやれることができません。最初のうちはやれても、続かないです。ほんと、人の言う通りにしたくないので、雇用されるのが向いてないんです。

 

なるべく下から言いましたよ。批難されるのは私も嫌だから。

するとオーナーは、こう言いました。

芸術家と同じだね、草間彌生なんかもそう、芸術家はみんなそう。

 

 

音楽家でもあるオーナーだから、私の生き方や今やっているファッションの仕事も理解してくれました。しかも爆笑しながら笑

 

まさか爆笑されるとは思ってませんでした笑

他の経営者と同じく、困った子だねという目で見られるかと思ってたから笑

 

 

わかる人には分かる、普通に生きられないと言うことが。それはいけない事じゃなくて、それがわたし。

働かなくていい、好きな事だけやって生きていい。それが誰でもできる時代に生まれた。後は言い訳しないで自分を生きるだけ。

 

 

何でこんな事を書いたかと言うと、似たような人に安心してもらいたかったから。

今あなたが普通の事を普通にできなくて、周囲から白い目で見られていても大丈夫。

 

分かる人には分かるし、その個性を育てて行くのは紛れも無い自分自身。他人にはできない。だから、今日から少しでも、こうやって生きていけたらいいなを実行して見てください。

 

 

芸術家という言葉を聞いて、そういえばちょっと前からペイントしたいなと思ってたのを思い出しました。

 

実在するものの絵を描くのは苦手で、キャンバスに向かうのも苦手。だから実在しないもの、わたしの内面をペイントする。靴とか物に直接描く。今はそれがしっくりきてます。

 

ようやく自分が生きていく場所が明確になったというか、着地した感じがします。なんかたどり着くところにたどり着いたような。

 

そしたらさっき、1111のナンバーを2回続けて見ました。

 

 

http://niconicohappy.com/one/

 

 

すご〜い!!

やりたい事ばっかりやって生きていくぞ!!